忍者ブログ

プログ

小説掲載プログ
09 2019/10 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 11

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/20/12:13

ちょりーす

「ちょりーす。俺マジやばいかんじ?マジやべ?ちょりーすちょりーす。まじうぜぇって?あはははちょりーす!」
「・・・・・ごきげんよう」

二人の様子に、ロックオンは青ざめた。
「ちょりーす。ティエリア、美人だねちょりーす。どうどう、俺とつあってみぇ?え?うざい?マジで?マジやべぇって俺、マジやべぇよ。ちょりーっす」
「ごきげんよう、刹那さん。残念ながら、私はロックオン・ストラトスと付き合っていますので」
ゴシックロリータの入った服を丁寧に広げて、ティエリアは申し訳なさそうに刹那にお辞儀をする。

ティエリアは美少女の姿をしている。
刹那は私服だ。ターバンを巻いた姿で、「ちょりーすちょりーす」と呟いていた。

「前回の仮想ミッションの擬似人格がとれてないのか!」

「ロックオン、ごきけんよう。うふふふ」
「俺をそんながんみしねぇでくれよ。ちょりーす。俺も、ないないないない、まじやべぇ、やっちゃったかんじ?」
「刹那、ティエリア、元に戻ってくれええ」

「ちょりーす!ちょりーぃす!」
「私、何かしましたかしら?」

ロックオンの涙もむなしく、その日一日、刹那は「ちょりーすとか「まじやべぇ」とか繰り返し、ティエリアはにこやかにおしとやかな女性として振舞うのであった。
仮想ミッションの擬似人格は、次の日には元に戻ったという。

拍手[0回]

PR

ebiteua.com

<a href=http://ebiteua.com/tag40.html>все тут</a>

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(09/21)
(11/11)
(10/03)
(09/25)
(09/15)
"ココはカウンター設置場所"