忍者ブログ

プログ

小説掲載プログ
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

毎日の出会い

目覚ましの音で目が覚める。ぼーっとした頭で階下におりて、顔を洗って歯を磨いて、櫛で髪をといて。
ピヨンと一部はねているが、気にしない。

基本ストレートなので、寝癖もそのうちとれる。

やっと人間になれた。
そして、普通の生活を送っている。

宇宙コロニー157、地球から遠く離れた開拓惑星で、僕は生まれた。そしてその星でそのまま育ち、17になった。

以前の、そう戦争を起こしていた時と同じ年齢になった。

今は宇宙は穏やかで、宇宙連邦という名の下で、いくつもの惑星コロニーができて、それを宇宙連邦が統括している。

僕は、女に生まれた。以前は中性であったが、女として生まれたことに戸惑いはあったものの、受け入れることに成功した。性格は昔と同じで、思考が男の部分もある。

チャイムが鳴るギリギリの時間に、自転車をこいで登校して。

「おはよう刹那」

隣の席の刹那に声をかける。本当に、昔に戻った気分だ。

教室にはアレルヤもいて、よくできた物語のようだ。

「おはよう」

刹那はプラモデルの雑誌を読んでいるようで、僕のあいさつには手を振っただけだ。

それでも人に馴染まない刹那にしてはよくできた、挨拶だろう。

僕は、今日の一限目をとても楽しみにしていた。

「起立、礼、着席」

クラス委員のアレルヤが声をかけて、皆礼をして着席する。

チャイムが鳴る。

キーンコーンカーンコーン。

ざわざわとさざめいていた教室も、教師の登場で静かになる。

「今日は、先日行った小テストを返却する」

英語の教師が、そう言った。

緩くウェーブのかかった少し長い茶色の髪。エメラルドグリーンの綺麗な瞳。

「満点は一人だけ。ティエリア・アーデ。とりにきなさい」

名を呼ばれて、僕は立ち上がる。

「はい、先生」

先生のところまでいくと、英語の教師は僕の頭をなでた。

「よく勉強してきたな」

当たり前です。

あなたの受け持つ科目なんだから。

そっと、耳打ちをされた。

「屋上でまた会おう」

僕たちの秘密の秘密。

英語の教師と僕は付き合っている。

だって、彼はロックオンことニールだから。

違う科目で同じ顔のライルもいるけれど、僕がひたむきなまでに愛し、心を開けるのはニールただ一人。

いつか、彼と結婚式を挙げるのだ。
その前提で付き合っている。すでに婚約もしている。無論、学校側には内緒だけれど、親同士で挨拶も済ませていて、刹那やアレルヤ、ライルも知っている。

僕は、手に入れた。

まだ未来のことだけど。

巡り巡る運命の輪の中から、一つの未来を。


彼と結婚するのが夢だった。

今度は叶う。

皆に祝われて、そして結婚式を挙げるのだ。


僕は手に入れた。悲しい過去から華やかな未来を。

僕はもう迷い子ではない。

隣には、ニールがいるんだ。

僕たちはもう、離れない。

何が起ころうとも。



拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(11/11)
(10/03)
(09/25)
(09/15)
(09/14)
"ココはカウンター設置場所"